「サプリ+運動」なら体重減らすで鬼に金棒!?

「サプリ+運動」なら体重減らすで鬼に金棒!?

運動するとダイエット効果高まるサプリ!

 

ダイエット効果の高いサプリはあります。が、そのようなダイエット効果の高いサプリであっても「サプリさえ飲めば体重が減らせる!」といった効果効用はないと言ってよいでしょう。ダイエットサプリは、あくまでもダイエットをサポートする役割を担う「補助食品」と考えるのが正しいのです。

 

たくさん発売されているダイエットのサプリの中には、運動と組み合わせることで高いダイエット効果が見込めるものがあるのです。そのようなサプリは、一般的に「燃焼系サプリ」や「基礎代謝機能を高めるサプリ」となります。

 

燃焼系サプリは、内臓脂肪に働きかけて脂肪をエネルギーに変えて消費する作用を促す効果効用があります。また、基礎代謝機能を高めるサプリは、基礎代謝機能を上げることで食事から摂ったカロリーをすべてエネルギーとして消費できるような体質にすると同時に、基礎代謝機能を高めれば高めるほど、エネルギー消費量も多くなってたまった内臓脂肪をエネルギーとして取り込んで消費できるからだにしてくれるのです。

 

つまり、食べても太り難い体質になるとともに、たまった脂肪が燃え易い体質にもなると言うことです。そして、燃焼系サプリでも基礎代謝機能をアップさせるサプリにおいても、基礎代謝機能の向上がサプリのダイエット効果を十分に引き出せるカギとなるのです。

 

基礎代謝機能を向上させるためには、運動に取り組むことが必要です。それは運動することによって筋肉量が落ちてしまうのを防ぎ、逆に筋肉量を増やすことができるからです。基礎代謝機能の高さは、この筋肉量と大きく関係します。なぜなら、筋肉を維持する、あるいは筋肉を使う時にはたくさんのエネルギーが必要になるからです。

 

そのことから、筋肉量が多ければ、あえて運動をしなくても、ちょっと筋肉を使うような行動をするだけでエネルギーを消費できる体質となるのです。たとえば、椅子に座ってテレビを観ているだけでも筋肉は動いているのでエネルギーを消費できるのです。

 

からだが要求するエネルギー量が増える、つまり基礎代謝機能がアップすればするほど、たまった脂肪をエネルギーに変換して消費できる能力も高くなることで体重が減ると言うことなのです。

 

サプリの効果を引き出せる「運動」について

 

以上のことから、「サプリ+運動」の組み合わせはダイエットする上で「鬼に金棒!」と言っても過言ではありません。では、ダイエットサプリの効果を十分に引き出せるような運動とはどんな運動になるのでしょうか?

 

そう考えると、多くの方は、激しいトレーニングやスポーツ、あるいはキツイ筋トレを思い浮かべることになるのではないでしょうか。しかし、そんな激しい運動やキツイ筋トレをしなくてもよいのです!

 

たとえば、ウォーキングやジョギング、スイミングやサイクリング、エアロビクスやヨガ、さらには坂道や階段の上り下りをするスローピングといった有酸素運動でOKなのです。有酸素運動は、体内にたくさんの酸素を取り込むこととなります。そして、内臓脂肪を燃やすためには、たくさんの酸素が必要になるので、そのことからダンベルやバーベルを利用したキツメ目の無酸素運動よりも効果が高いと言ってよいのです。

 

また、ウォーキングやジョギングは、全身の血液の流れを良くして、からだ隅々まで酸素と栄養分を行き渡せられることから基礎代謝機能が向上するのです。加えて、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動に取り組む時間の長さによっては、単に筋肉の衰えを防ぐ、筋肉量を減らさないようにするだけでなく、筋肉量もアップできて基礎代謝機能の向上を図れます。そして、そのような基礎代謝機能を上げられる運動に取り組む前に、基礎代謝機能に働きかけられるサプリや燃焼系サプリを飲めば、運動による基礎代謝機能のアップをさらにサプリの効果で促進できることになるのです。